便利情報
  

お金がない時
お金を増やすいろいろな方法

おもしろい貯金箱
郵便ポスト型貯金箱
ATM型貯金箱など

お金を借りるには

クレジットカードを作るには
ネットショッピングに便利

  

郵便局へ行こう

小包は着払いもできる

昔の内容です。料金や制度が今と違う可能性があります。雑学として載せておきます。

小包を送るとき、差出人が窓口で郵便料金を確認し、その場で料金を払うことが多いと思いますが、小包には「着払い」といって受け取った人が郵便料金を払う方法もあります。

郵便屋さんが小包を配達したときに受取人が郵便料金を郵便屋さんに渡します。

ただし、受取人に了解を得てからでないと相手はびっくりしますよね。
着払いにするときはそういったことも気をつけたほうがよさそうです。

相手から何かを送るように頼まれたときなんかは着払いを指定してみるのはどうでしょう。
ちなみに着払いにすると、郵便料金はプラス10円〜20円になります。

着払いにするには小包扱いにする必要があります。
普通の封筒を出すとき、相手が着払いでよいと言った場合、小包扱いにすれば着払いにできますが、受取人の払う料金が600円をこえたりします。それに対して自分が普通郵便扱いで料金を出せば80円。

状況によっては自分が出してあげたりすれば安いかもしれません。

  

郵便小包の着払いとは受取人が郵便料金を払うことです。

相手に商品を送って代金を受け取る「代金引換」とは違いますので混同しないようにしましょう。

郵便局へ行こう
TOPページへ