便利情報
  

お金がない時
お金を増やすいろいろな方法

おもしろい貯金箱
郵便ポスト型貯金箱
ATM型貯金箱など

お金を借りるには

クレジットカードを作るには
ネットショッピングに便利

  

郵便局へ行こう

大事な物を送るとき

昔の内容です。料金や制度が今と違う部分があります。雑学として載せておきます。

大事な物を郵便で送るとき、書留扱いにすれば安心です。普通の郵便ですと相手の家の郵便受けに配達されますが、書留の場合は受取人にしっかり手でわたすことになります。

もし留守の場合は不在通知が郵便受けに入れられ、大事な郵便物は配達する郵便局にいったん戻って保管されます。

書留にしておくと追跡サービスも利用できます。ちゃんと相手に届いたかなどを確認できます。

書留にするには、郵便局の窓口で書留にしてくださいと言うだけです。
他に、簡易書留や配達記録というものもあります。
これらも受取人に直接渡しますし、追跡サービスもできます。

配達記録がなくなって郵便受けに配達される特定記録に。

何が違うかというと、万が一のときの保証の大きさです(損害賠償)。
書留は郵便料金プラス420円で10万円(金額を上げれば保証も大きくなる)から保証されます。

簡易書留は郵便料金プラス350円で5万円の保証。
配達記録は郵便料金プラス210円で保証なし。手渡しで配達されることと、追跡ができることで十分だという場合はこれですね。

(注意) 配達記録と配達証明は名前は似ていますが別物です。

ちなみに書留にしても速く届くわけではありません。速く届けたい場合は速達扱いにしましょう。
ただし、通常80円の郵便物でも書留速達扱いにすると80円+420円+270円で770円になります。

(郵便料金は変わることがありますので確認してくださいね)

スポンサーリンク

  

郵便局へ行こう
TOPページへ