お金がない時

何もかも嫌になった時

  

住所が変わったときは


面白い


(民営化前の記事です)
まず、郵便物を新しい住所に転送してもらうようにしましょう。「転居届」を郵便局に出します。旧住所と新住所を記入すれば、旧住所宛に届いた郵便物を、郵便局が新住所宛てに転送してくれます。転送の処理をしてくれるのは一年間ですので、その間に新住所をみんなに知らせておけばいいわけです。一年が過ぎてももう一度届けを出しなおせば転送はしてくれます。ちなみに、「転送不要」と表示された郵便物は転送されずに差出人に戻ります。

そして、郵便局の通帳を持っている場合は、通帳の住所変更をしておいたほうがいいです。古い住所のままだと、郵便貯金に関する通知などが旧住所宛てに出されたりして何かと不便です。

住所変更の手続きをするには、住所が変わったことを確認できるものが必要です。免許証や保険証などがそうです。つまり、それらの住所をまず新しいものにしておく必要があります。住所変更届という用紙に必要事項を記入して貯金窓口に出しましょう。氏名変更の手続きも同じです。姓が変わる場合は、新しい印鑑を押して改印手続きもできます。

面白い

郵便局活用豆知識
携帯版 TOPページへ


郵便局活用豆知識
パソコン版はこちら