切手が貼っていない手紙

郵便屋さんがポストから集めてきた手紙は、宛て先別に区分されるわけですが、その中に切手が貼っていない手紙も結構たくさん入っているそうです。

みなさん結構うっかりして貼り忘れることが多いようですね。
出す前にもう一度切手が貼ってあるかどうか確認しましょう。

ところで切手が貼っていない手紙はどうなるのでしょうか。
そういう手紙は、「切手が貼ってありません」と差出人の家に戻されます。

でも差出人の住所も名前も書いてない封筒も中にはあります。
そういう場合は宛て先の住所に届けるしかありませんよね。
だからとりあえず手紙は届きますが、郵便料金は受取人が払うことになるようです。
ということは、受け取った人に迷惑がかかりますよね。

面接の応募など、大事なときに送る手紙でこういうことがあったら悪い印象をもたれてしまうかもしれません。切手が貼ってあるか、差出人は書かれているか、ちゃんと確認してあればこういうことにはならないので気をつけましょう。

ポストに入れてから貼り忘れに気づいて、慌てて郵便局に走りこんで返してもらったという人の話も聞いたことがあります。

郵便屋さんあれこれ

郵便局へ行こう TOPページへ

  

お金を借りるには

クレジットカードの作り方

   

  

お金がない時 お金を増やすいろいろな方法

おもしろいサイト