カラでも約束ですから

郵便屋さんは、雨の日でも風の日でも郵便を配達しなければなりません。また、郵便屋さんは毎日毎日決まった時間にポストを開けに行かなければなりません。

配達すべき郵便物があれば険しい道でもそこまで届けに行く必要があります。それを考えると配達は郵便物が多く出されるか出されないかによって差がありますね。

ポストを開けて手紙を集める場合ですが、ポストの側面を見ると回収に来る時間が書かれていますので、決まった時間帯に必ず集めにきてくれるのがわかります。

でもポストの中に手紙が入っているかどうかは開けてみるまでわからないはずです。もしかしたら速達の手紙が入っているかもしれませんし、全く何も入っていないかもしれません。

たとえポストの中がカラだったとしても遠い場所にあるポストも来てくれているのですね。

でも開けてみてカラッポだったら集める人にとっては少しさみしいですね。

郵便屋さんあれこれ

郵便局へ行こう TOPページへ

  

お金を借りるには

クレジットカードの作り方

   

  

お金がない時 お金を増やすいろいろな方法

おもしろいサイト