便利情報
  

お金がない時
お金を増やすいろいろな方法

おもしろい貯金箱
郵便ポスト型貯金箱
ATM型貯金箱など

お金を借りるには

クレジットカードを作るには
ネットショッピングに便利

  

郵便局へ行こう

郵便局の規定やサービスは変わることもあるので、ここに書いてある内容はすでに古くなっていることがあります。
現在のサービス内容とは異なるかもしれないので最新の情報は郵便局で直接確認するのがよいと思われます。

現在の料金についてはこちらでチェック→ゆうちょ銀行のページ  

振り込み・送金をする

郵便局でいろいろな種類の振込をしてきました。

郵便局ってどういうことによく使うでしょうか、ということを考えてみると送金するために使うということもやはり多いのではないかと思います。誰かにお金を送りたい、そういうときに郵便局を利用すると便利ですね。全国どこにでもありますしね。

お金を送ると言ってもいろいろなパターンがありますので、目的や状況に合わせてうまく活用したいところです。送り方によって相手に届く速さや送金にかかる手数料が違ってきますので。

すでに相手から振込用紙が送られてきている場合、住所や名前などの必要事項を記入してから(最初から記入されてることもある)その用紙を持ってお金と一緒に貯金窓口に出せば送金できます。

相手の口座番号だけしかわからない場合がありました。そういう時、送金先の相手の口座番号を見るとわかることがいくつかあるようです。一番左の番号を確認するといいみたいなので、見てみました。

 0****-*-******* または 1****-********

などのように、口座番号が0が1のどちらかから始まっているようです。

・通常払込み

0から始まっていた場合に通常払込みを使いました。下の絵のような用紙が振り込み用紙です。描かれていませんが実際には右側に控えがあります。

枠の色が赤いものと青いものがありました。送金の手数料を自分が負担するか相手が負担するかで色が分けてありました。郵便局に備え付けの用紙は青かったです。送金先の相手から振込用紙を送られてくる場合などに赤いものがよくあるようです。

赤・・・受け取る側が手数料を負担するためこちらは送金する金額だけ用意すればいい。

青・・・送る側が手数料を負担する。送金する金額+手数料 を用意する。

他の色の場合もありますが、赤か青が多いようです。

現在の料金についてはこちらでチェック→ゆうちょ銀行のページ

ATMで送金したら少しだけ安かったです。他にも、振込用紙のスミにチョロっと「MT」と書いてある場合は窓口も少し安かったです。

郵便局に置いてある振込み用紙に必要なことを記入して貯金窓口へ出しました。住所と名前は書き忘れないように特に注意しました。もし忘れると、お金を受け取った相手は誰からお金が送られてきたのかわかりませんから。

・電信払込み

相手の口座番号が1から始まっている場合は電信払込みを利用しました。通常払込みの場合何日かたって相手の口座にお金が入るようですが、電信はその場ですぐ相手にお金が届くようです。

通帳またはキャッシュカードがあれば振込みの手数料を安くできます。(印鑑または暗証番号入力が必要)古い通帳などには送金機能がついていないこともあるのでその場合はできないようです。

・他にもいろいろ方法があった

相手が口座を持っていないときは現金書留(げんきんかきどめ)で送る方法もあります。
これは郵便窓口で取り扱っていて、現金封筒にお金を入れて相手の住所に送ります。

封筒は窓口で買いましょう。封筒に宛先を書いて中にお金を入れて窓口に出します。現金書留は必ず窓口に出して控えを受け取りましょう。ポストに入れてはいけません。

また、送金の方法には為替を使うという方法もあります。詳しくは別の項目で。

郵便局へ行こう
TOPページへ