便利情報
  

お金がない時
お金を増やすいろいろな方法

おもしろい貯金箱
郵便ポスト型貯金箱
ATM型貯金箱など

お金を借りるには

クレジットカードを作るには
ネットショッピングに便利

  

郵便局へ行こう

定額貯金 単票式と通帳式

郵便局の定額貯金・定期貯金には単票式と通帳式のものがありました。

ですが郵便局が民営化した時に単票式のものはなくなったそうです。

下記は以前の内容です。雑学として載せておきます。

●●●

郵便貯金には通常貯金より利率のいい定額貯金や定期貯金というものがあります。

この定額貯金・定期貯金ですが、単票式と通帳式の2種類があります。

どちらで貯金しても貯金の内容は同じです。違いは受け取るものが単票か通帳かということです。

単票式で貯金すると、一枚の貯金証書でもらえます。
証書の大きさは一万円札より少し大きいぐらいのサイズです。

単票式はお金を貯金するとき毎回新規で作ることになります。
つまり、貯金するたびに新規の手続きが必要ですので印鑑や免許証などが必要です。

通帳式で貯金すると、通常貯金と同じような形の通帳がもらえます。
初めて貯金するときは新規扱いですので手続きがいりますが、2回目からは印鑑も本人確認も不要ですので便利です。

通帳式ですとATMで貯金することもできます。(曜日や時間帯によってできないときもあります)

通帳式の場合は入金するとき楽ですが、たくさん貯金したときすべて一冊の通帳にまとまってしまって持ち歩くとき心配なので、単票に分けて必要な分しか持ち歩かないという人もいます。

郵便局へ行こう
TOPページへ